2110_PressRelease_Fish-Eye_img_1900x720

プレスリリース

「i-PRO Sシリーズ」AI全方位ネットワークカメラ4機種と専用アプリケーション2種を発売

2021年10月25日

パナソニックi-PRO(アイプロ)センシングソリューションズ株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:尾崎 祥平)は、レンズの下方360°を撮影可能なAI全方位ネットワークカメラ4機種と専用のAIアプリケーション2種を開発し、AIプロセッサー搭載ネットワークカメラのスタンダードモデル「i-PRO Sシリーズ」のラインアップとして、2021年12月より、パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:片倉 達夫)を通じて発売します。

AI全方位カメライメージ■AI全方位ネットワークカメラ4機種について

今回発売する4機種(高画質な5メガピクセルの2機種、より高解像度な9メガピクセルの2機種)はスタンダードモデル「i-PRO Sシリーズ」としてAIプロセッサーを標準で搭載した全方位ネットワークカメラです。魚眼レンズを搭載した全方位ネットワークカメラ内でのエッジAI処理を実現することで、360°全方位の映像監視に加えて、事件・事故の未然防止や業務効率化など新たな付加価値を提供し、様々な分野にてお客様のニーズにお応えします。

<AI全方位ネットワークカメラの主な特長>

1. AIプロセッサーを標準搭載し、効率良くカメラ映像の分析・解析が可能

従来のネットワークカメラでは難しかった映像の分析・解析といった高負荷のAI処理を、AIプロセッサーを標準搭載したネットワークカメラ内でエッジAI処理することで、サーバー側の負荷を分散し、効率良くカメラ映像の分析・解析することが可能です。また、ネットワークカメラ単体で顔や人、車両、二輪車を自動で識別することが可能です。

2. 最大3つまでAIアプリケーションをインストールすることが可能※1

本4機種は、様々な分野、市場に適したAIアプリケーションを最大3つまで直接カメラ本体にインストールすることで、利用用途に応じたアプリケーション機能を活用いただくことが可能です。専用のAIアプリケーションの他、ソフトウェア開発キット(i-PRO Camera SDK)を活用して、サードパーティで開発したアプリケーションもインストールできます。

3. 人の叫び声やガラスの破損音、クラクション、銃声といった種別ごとのAI音識別機能を搭載※2

AI音識別機能を搭載し、人の叫び声やガラスの破損音、クラクション、銃声といった音を識別しお知らせすることで、映像監視のいっそうの強化を実現しました。

4. AI処理による究めた高圧縮と高画質を実現

AI処理による物体検知と連携することで、顔や人、車両、二輪車を低圧縮に、それ以外の領域を高圧縮に制御します。パナソニックの従来品で活用していたスマートコーディング技術と比較して、見たい部分の画質を保持したままデータ量を最大50%削減し、高圧縮と高画質の両立を実現しました。また、従来品より定評のある高性能な魚眼レンズを搭載し、1台のカメラで360°全方位を画面の周辺部までクリアに撮影します。

 

■ AI全方位ネットワークカメラ専用のAIアプリケーション 2種について

AI全方位ネットワークカメラの広範囲撮影の特長を生かした専用のAIアプリケーション として、「AI動体検知/AI人数カウントアプリケーション」と「AIプライバシーガード」の2種を同時発売します。

「AI動体検知/AI人数カウントアプリケーション(WV-XAE300W)」

動体検知、人数カウント、ヒートマップ、混雑検知の機能を1つにまとめたアプリケーションです。2021年12月発売の「マルチAIソフトウェア(WV-ASA100(W))」※3との組み合わせにより、様々な統計データとして活用いただけます※4。

 ・動体検知
  立ち入り禁止エリアへの人や車両の侵入などを検知し、セキュリティ強化に貢献します。

 ・人数カウント
  人の出入りをカウントし、マーケティング用途などにご活用いただけます。

 ・ヒートマップ
  人の動線・滞留・通過を可視化し、例えば店舗のマーケティング用途にご活用いただけます。

 ・混雑検知
  エリア内の人の混雑状況を検知・お知らせし、マーケティング用途や業務効率化に貢献します。

 

「AIプライバシーガード(WV-XAE301W)」

人物にモザイク処理を行いプライバシーに配慮するアプリケーションです。カメラに映った人物の全身にモザイク処理を行いプライバシーや肖像権を保護します。

 

今後も両社は多様化・高度化するお客様のニーズに対応したさまざまな製品、ソリューションを提供してまいります。

 

※1 詳細は下記サポートサイトの「ソフトウェアの種類と機能の詳細および対応機種一覧(管理番号【C0103】)」を参照ください。

<サポートサイト> https://biz.panasonic.com/jp-ja/products-services_security_support_technical-information

※2 屋内モデル(WV-S4156J/S4176J)はマイク内蔵。屋外モデル(WV-S4556LJ/S4576LJ)は、別途マイクが必要となります。推奨マイクは下記サポートサイトの「AI音識別用マイクの接続動作情報」を参照ください。

<サポートサイト> https://biz.panasonic.com/jp-ja/products-services_security_support_technical-information

※3 プレスリリース(2021年10月25日)『「マルチAIソフトウェア」とAIアプリケーション3種を新発売』

https://newsroom.i-pro.net/ja/202110252

https://news.panasonic.com/jp/press/data/2021/10/jn211025-2/jn211025-2.html

※4 AI動体検知/AI人数カウントアプリケーションの「AI動体検知」と「混雑検知」機能でアラームの表示と履歴の管理をする場合は、「マルチAIソフトウェア(WV-ASA100(W))」 と映像監視ソフトウェアWV-ASM300(W)、「マルチAIプラグイン(WV-ASE335W)」、ネットワークディスクレコーダー(NXシリーズ)が必要となります。

<品名・品番など>

品名

屋内5MP
AI全方位

ネットワークカメラ

屋内9MP
AI全方位
ネットワークカメラ

屋外5MP
AI全方位

ネットワークカメラ
屋外9MP
AI全方位

ネットワークカメラ
品番 WV-S4156J WV-S4176J WV-S4556LJ WV-S4576LJ
本体色 i-PROホワイト
外観イメージ※ indoor 5MP indoor 9MP outdoor 5MP outdoor 9MP

本体希望
小売価格

オープン価格
発売時期 2021年12月

※ 写真は最終製品と異なる場合があります。

 

品名 機能拡張ソフトウェア
AI動体検知/AI人数カウントアプリケーション
機能拡張ソフトウェアAIプライバシーガード
品番 WV-XAE300W WV-XAE301W
機能名 AI動体検知 人数カウント ヒートマップ 混雑検知 AIプライバシーガード
機能概要 ・侵入検知
・ラインクロス検知
・滞留検知
・ラインクロスカウント
・エリア内カウント
通過、滞留の可視化 エリア内人数が条件を満たした場合アラーム発報 映像内の人物にモザイク処理
対象物体 人物・車両 人物 人物 人物 人物
希望小売価格 オープン価格
発売時期 2021年12月

▼AIネットワークカメラ Sシリーズラインアップ
https://biz.panasonic.com/jp-ja/products-services_security_networkcamera_s


*パナソニックi-PROセンシングソリューションズ株式会社は2022年4月より、「i-PRO株式会社」に変わります。

*パナソニックグループの持株会社制への移行にともない、パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社は2022年4月より、「パナソニック コネクト株式会社」に変わります。


【報道関係者様 お問合せ先】

商品に関する詳細:
パナソニックi-PROセンシングソリューションズ株式会社
広報担当 Email: press_i-pro@gg.jp.panasonic.com

販売に関する詳細:
パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社
広報担当 Email: cns_pr@ml.jp.panasonic.com

【一般のお客様 お問合せ先】

パナソニック システムお客様ご相談センター
電話: 0120-878-410 ガイダンス番号3
(受付:9時~17時30分<土・日・祝日は受付のみ>)

Media Kit

  • この記事のPDFをダウンロード PDF

Stay Informed

i-PROから最新のニュースを受け取りませんか?当社のプライバシーポリシーについて

Latest News

グローバルデザインコンペ「i-PRO Future Design Challenge」受賞作品決定 ~ Gold Awardはインドネシア La Myra Bening氏の「PORTA」に

プレスリリース

グローバルデザインコンペ「i-PRO Future Design Challenge」受賞作品決定 ~ Gold Awardはインドネシア La Myra Bening氏の「PORTA」に

2021年11月18日

「マルチAIソフトウェア」とAIアプリケーション3種を新発売~セキュリティ強化とともにマーケティング分析や業務効率化をサポート~

プレスリリース

「マルチAIソフトウェア」とAIアプリケーション3種を新発売~セキュリティ強化とともにマーケティング分析や業務効率化をサポート~

2021年10月25日

「i-PRO Sシリーズ」AI全方位ネットワークカメラ4機種と専用アプリケーション2種を発売

プレスリリース

「i-PRO Sシリーズ」AI全方位ネットワークカメラ4機種と専用アプリケーション2種を発売

2021年10月25日

i-PROの新たな取り組み「i-PRO Component Web Catalog(コンポーネント ウェブカタログ)」がスタートしました

News

i-PROの新たな取り組み「i-PRO Component Web Catalog(コンポーネント ウェブカタログ)」がスタートしました

2021年9月28日

このウィンドウを閉じる