2110_PressRelease_i-PROmini_img_1900x720

プレスリリース

AIプロセッサー搭載、業界最小クラスのネットワークカメラ「i-PRO mini」を発表 ~ ハイエンドモデル同等性能プロセッサーを名刺より小さなボディに搭載。様々な利用シーンに対応 ~ 映像を活用したAI ソリューションを開発する企業向けのコンポーネントに、新たなラインナップ

2021年12月1日

パナソニックi-PRO(アイプロ)センシングソリューションズ株式会社(福岡市博多区、代表取締役社長 尾崎 祥平、以下i-PRO)は、AIプロセッサーを搭載したネットワークカメラとしては業界最小クラス(※1)のコンパクトなネットワークカメラ「i-PRO mini(アイプロミニ)」2機種(無線LANモデル、有線LANモデル)を発表しました。

プレスリリース用_i-PRO mini_手のひら乗せの外観_i-PROmini表記[i-PRO mini 無線LANモデルの本体外観]

「i-PRO mini」は、名刺より一回り小さく(※2)空間に調和させやすいコンパクトなボディに当社ハイエンドモデルと同等性能のAIプロセッサーを搭載しており、最大3つのAIアプリケーションをインストールして、カメラ上でエッジAI処理が行えます。

また、スマートフォンを利用した取り付け作業時の接続(※3)やカメラの向きの調整、カメラの傾きがずれた時の通知と復旧をサポートする機能など、取り付けや設定時の使いやすさを徹底的に追求しています。存在感のあるこれまでのネットワークカメラでは難しかった様々なシーンで柔軟に活用いただけます。

i-PROでは、本年9月より映像を活用した先進的なソリューションを開発する企業を対象に、技術支援とコンポーネント供給を行っています。「i-PRO mini」はi-PROが技術支援とコンポーネント供給を行っている企業向けに、来年2月から新たなコンポーネントとして供給されます。

※1 当社調べ。
※2 一般的な名刺サイズ(90mm×55mm)との面積比。
※3 無線LANモデルで対応。

 

【主な特長】

1.  名刺よりも一回り小さい業界最小クラスのボディ

プレスリリース用_i-PRO mini_外観trim[左: 有線LANモデル、右: 無線LANモデル]

 ・丸みのある形状と21mmの薄さにより、あらゆる場所や空間に調和した、目立ちにくい外観を備えています。

 ・i-PRO独自の技術によりカメラの本体内で発生する熱の伝達を制御し、強力なAI機能を備えながら小型化を実現しています。

 

2.  パワフルなエッジAI処理能力と優れた拡張性

 ・当社ハイエンドモデルと同等の性能を持つAIプロセッサーをカメラ本体に搭載しています。

 ・カメラ本体でエッジAI処理を行いますので、ネットワークやシステムの負荷軽減につながります。

 ・最大3つのAIアプリケーション(※4)のインストールが可能。用途に応じた機能を付与させることができます。

 ・「プライバシーガード」と「混雑検知」のAIアプリケーションが標準搭載されています。

※4 i-PRO製AIネットワークカメラ用のアプリケーション。i-PROおよび提携パートナーが提供します。本製品に標準搭載の2つのAIアプリケーションを使用する場合は、追加できるアプリケーションは1つとなります。

 

3.  簡単で柔軟な設置と調整

<無線LANモデルを用意>

 ・配線の制限がある場所でも容易に設置できる無線LANモデルを用意しています。

<柔軟な電力供給>

 ・無線LANモデルの電力供給はUSB TypeC対応。一時的な用途の際にモバイルバッテリーが使用できます。

 ・有線LANモデルはPoE(LANケーブルによる同時電力供給)とUSB TypeCの両方に対応しています。

<スマートフォンで映像を確認しながらカメラを取り付け・設定>

 ・スマートフォン専用アプリで表示される二次元バーコードを無線LANモデルのカメラで読み取ることで、カメラの取り付けや設定を行う際に、映像の向きや設定を変更した結果をスマートフォンから確認できます。

 ・有線LANモデルでは、設定時に無線LANのアクセスポイントを使ってスマートフォンで画像確認ができます。

<カメラの傾きがずれた際の通知と復旧作業の支援機能>

 ・設置作業時のカメラの傾き情報をカメラが記憶します。運用中に発生した角度のずれを検知して、LED点滅やメールで通知します。

 ・復旧は、LED点滅状況やパソコン、スマートフォンの画面上に表示される傾きの情報(画角ガイド)を見ながら簡単に行えます。

<盗難・いたずらの防止と抑制にも配慮>

 ・予め設定した画角からずれた時の通知機能は、いたずら行為の検知にも有効です。さらに、盗難やいたずら行為への物理的な対策として、カメラ本体をセーフティワイヤーで緊結できるよう、ワイヤーを同梱しています。

 

【品名・品番など】

品名

i-PRO mini

有線LANモデル

無線LANモデル

品番

WV-S7130UX

WV-S7130WUX

外形寸法※5
幅 x 高さx 厚さ (mm)

102 x 48 x 21

76 x 48 x 21

本体価格

オープン

オープン

発売予定時期

2022年2月

※5 取付座、保護カバーは含まない、本体の大きさです。

・技術仕様、機能については、i-PRO コンポーネント Webカタログ ( https://cwc.i-pro.com/ ) で公開しています。


i-PROについて

パナソニックi-PROセンシングソリューションズ株式会社は、セキュリティ監視、パブリックセーフティ、そして医療用イメージングの各分野に欠かせないセンシングソリューションの世界的なリーディングカンパニーです。パナソニックにおける60年以上にわたる数々のセンシング技術とイノベーションを継承し、2019年に設立されました。

私たちは、一瞬も見逃さない高度なセンシング技術とあらゆる環境に対応する信頼性の高いソリューションで、人々の命を守り救うプロフェッショナルをサポートし、より安心安全な社会の実現に貢献します。

(2022年4月より社名が 「i-PRO株式会社」 に変わります)

https://i-pro.com/corp/jp/

【本件に関するお問い合わせ先】

パナソニックi-PROセンシングソリューションズ株式会社
広報 E-mail: press_i-pro@gg.jp.panasonic.com

Media Kit

  • この記事のPDFをダウンロード PDF

Stay Informed

i-PROから最新のニュースを受け取りませんか?当社のプライバシーポリシーについて

Latest News

「i-PRO」ブランドによる製品展開を2022年4月から全面的に拡大

プレスリリース

「i-PRO」ブランドによる製品展開を2022年4月から全面的に拡大

2022年1月20日

(英語のみ)グローバル展開の一環としてアジア・パシフィック市場に新しいi-PRO拠点を構築

プレスリリース

(英語のみ)グローバル展開の一環としてアジア・パシフィック市場に新しいi-PRO拠点を構築

2022年1月20日

2021年10月25日発表 「マルチAIソフトウェア」、「AIアプリケーション3種」 発売延期のお知らせ

プレスリリース

2021年10月25日発表 「マルチAIソフトウェア」、「AIアプリケーション3種」 発売延期のお知らせ

2021年12月13日

AIプロセッサー搭載、業界最小クラスのネットワークカメラ「i-PRO mini」を発表 ~ ハイエンドモデル同等性能プロセッサーを名刺より小さなボディに搭載。様々な利用シーンに対応 ~ 映像を活用したAI ソリューションを開発する企業向けのコンポーネントに、新たなラインナップ

プレスリリース

AIプロセッサー搭載、業界最小クラスのネットワークカメラ「i-PRO mini」を発表 ~ ハイエンドモデル同等性能プロセッサーを名刺より小さなボディに搭載。様々な利用シーンに対応 ~ 映像を活用したAI ソリューションを開発する企業向けのコンポーネントに、新たなラインナップ

2021年12月1日

このウィンドウを閉じる