2204_AprilDream_FDC_img_1900x720

ニュース

スマートホームのセキュリティ課題を「PORTA」が解決しました(夢)! ~ 「Future Design Challenge」を通じ、デザインの力で未来の課題を解決

2022年4月1日

Future Design Challengeは、April Dreamに参加しています。
このプレスリリースは「PORTA」のApril Dreamです。

 

2010年代から一般の家庭でも普及し始めたスマートホーム。家電をはじめとする様々な機器がネットワークでつながり利便性が高まった一方で、機器の乗っ取りや個人情報の流出などに不安がありました。しかし、今では「PORTA(ポルタ)」のおかげでもう心配する必要はなくなりました。「PORTA」は外部ネットワークと家庭内機器の間に立ちふさがる強固な門番。強力なセキュリティ機能とバックアップ機能で大切な家庭を守ってくれています(これが私たちの夢です)。

実は「PORTA」は、社会や人々の共感を得られるアイデアを世界中から広く募るデザインコンペ「Future Design Challenge」( https://i-pro.futuredesignchallenge.com/ )でGold Awardを受賞したインドネシアLa Myra Bening氏のアイデアです。

 

portfolio_JP

 

「PORTA」は、「スマートホーム全体の安全を守るプロダクト」というコンセプトや具体的な機能もさることながら、プロダクトとしてのデザイン性にも長けており、コンセプトの価値を的確に伝える秀逸なプレゼンテーションも受賞の理由となりました。La Myra Bening氏の素晴らしいプレゼンテーションは https://youtu.be/laZcYpsY8NM でご覧いただくことが可能です。

「未来社会で発生するグローバルな問題や課題を『デザイン』の力で解決する」をコンセプトとした「Future Design Challenge」は、昨年「テクノロジーが発展しすぎた未来社会の犯罪を解決する」をテーマに第1回を開催しました。

未来のことをデザインするには、未来の人々がどのような経験をし、どのようなことに問題や苦痛を感じ、どのようなものを必要としているのかを、「ファクトやデータに基づく変化や傾向」と「時を超えても変わらない人々の価値観や根本的なニーズ」の両面から洞察することが重要となります。

本コンペでは、このようなプロセス全体を広い意味での「デザイン(DESIGN)」ととらえ、その中で、①革新性・独創性・説得力のあるアイデア、②社会的・環境的にポジティブな影響を与える可能性の有無、③コンセプトや形を発想する際のプロセス、の3つのポイントで評価していく考えです。

2022年の「Future Design Challenge」のテーマや実施要領も決定次第発表予定です。世界中から夢をかなえる素晴らしいアイデアが集まることを期待しています。

「April Dream」は、4月1日に企業がやがて叶えたい夢を発信する、PR TIMESによるプロジェクトです。
私たちはこの夢の実現を本気で目指しています。

【本件に関するお問い合わせ先】
Future Design Challenge(i-PRO株式会社内)
E-mail: info@futuredesignchallenge.com

Media Kit

  • この記事のPDFをダウンロード PDF

Stay Informed

i-PROから最新のニュースを受け取りませんか?当社のプライバシーポリシーについて

Latest News

クラウド録画サービスシェアNo.1(※1)のセーフィーにLTE搭載PTZカメラを供給 ~ セーフィーとの共同開発によりユーザーのニーズに応えるラインナップの拡充へ ~

プレスリリース

クラウド録画サービスシェアNo.1(※1)のセーフィーにLTE搭載PTZカメラを供給 ~ セーフィーとの共同開発によりユーザーのニーズに応えるラインナップの拡充へ ~

2022年12月2日

㈱デンソーの製品外観検査工程でのAI活用検証実験にi-PRO miniが採用 〜 カメラ内AI処理の実現でサーバー設置台数を削減 〜

プレスリリース

㈱デンソーの製品外観検査工程でのAI活用検証実験にi-PRO miniが採用 〜 カメラ内AI処理の実現でサーバー設置台数を削減 〜

2022年11月29日

正常状態/変化状態をAIが学習し、変化時にアラームで通知 ~ AIネットワークカメラ用の機能拡張ソフトウェア「AI状態変化検知アプリケーション」を販売開始

プレスリリース

正常状態/変化状態をAIが学習し、変化時にアラームで通知 ~ AIネットワークカメラ用の機能拡張ソフトウェア「AI状態変化検知アプリケーション」を販売開始

2022年11月22日

エッジ記録型クラウドカメラサービス「i-PRO Remo.」が全方位カメラに対応 ~ 機能を向上した新型エッジストレージ8機種を来年1月に発売 ~対応カメラ拡大、最大16台へのPoE給電など、商品力を大幅に強化~

プレスリリース

エッジ記録型クラウドカメラサービス「i-PRO Remo.」が全方位カメラに対応 ~ 機能を向上した新型エッジストレージ8機種を来年1月に発売 ~対応カメラ拡大、最大16台へのPoE給電など、商品力を大幅に強化~

2022年11月11日

このウィンドウを閉じる